香川の菜園日記 スナックエンドウ(スナップエンドウ)

今日は高松は晴れです。気持ちの良い天気となっています。

画像


画像


朝の屋島です。

今日はスナックエンドウ(スナップエンドウ)のアップとなります。スナック、スナップどちらでも良いのですが、種のメーカーによって呼び名が違っているようです。今回のスナックエンドウは「つるなし」を紹介します。一般的にはつる有、つるなしいずれを使っても良いと思いますが、小生のような未熟者にはつるなしが見合っております。つる有だとネットが必要なので、たくさん植えたい方はつるなしをお薦めします。


画像



画像



スナックエンドウは一般的に直蒔きなのでしょうが、小生は昨年同様、ポットから始めております。特に意味はないのですが、ポットだと種が有効に使えるためです。植える場所が広いと種代も馬鹿になりませんのでこのように大事に扱っております。



なぜ?って


画像





画像




小生の畑を見てのとおり、とにかく広いのです。

1000㎡(1反)ありまして、全てを使っているわけではありませんが、7割程使って、あとは休ませております。
ここに気前よく蒔くと種がたくさんいることになるのです。


少し話がずれてきましたので、元へもどしましょう。




スナックエンドウの芽吹きです。


画像



全体を見ると



画像





ポットに2から3粒播きました。これを間引かず、そのまま植えるつもりです。理由はめんどくさいから。また、1本にすると、収穫が少ないためです。ほんとかどうかわかりませんが・・・・。それと豆類は、確か自粉でなく他の花粉で受粉した方が実の付きが良いと記憶しています。


そんなこんなで現在育てております。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック