香川の菜園日記 玉葱の定植(新方式)

すごい題を打ちましたが、たまねぎの植え付けです。
西日本は一般的に11月初旬から12月初旬にかけて定植しますが、超極早生、極早生、早生、中生、晩生と順に植え付けていきます。
今回、植え付けで変わった方法で植え付けようと試みました。

画像


赤の矢印が今回の試みです。緑が植え付け位置です。

前もって、畝には堆肥。化成、ようりんを撒いて耕していますが、今回さらに植え付ける下側に化成を地雷原として撒いておくことにしました。

それでは、順次紹介します。

まずは植えるとこを20cmほど手で掘ります。

画像


植え付けます。位置決めをして、ひと握りの土で苗を固定します。

植え付けはまっすぐに立てらそうとして植え付ける方がいますが、立てらせば逆に風で根が浮き上がることになります。玉ねぎは定着すれば自然に茎が立ち上がりますので、ここでは寝かすように植え付けます。

画像


画像


画像


画像


画像




溝の底に化成を入れます。

画像


画像


画像


画面の左の土を右に寄せていきます。

画像


20cm程寄せれば、最初の行程に戻ります。

これを繰り返していけばいいわけです。

画像


いかがでしたでしょうか

この記事へのコメント

2015年07月15日 05:55
すごく感謝です(o≧∀≦)o
かなり緊張してるから変になていたらすみません。

香川の畑おやじさんのブログに出会えて本当に良かったです!

溜息ばかりの毎日で正直もう限界だしキツイ…と思ってたんですが足枷が少し軽くなった気がするんです(*^-^)
視点は違うのが当たり前なのかもしれないんですけどそれでも全部違うわけではなくて似てる所もあって、なんていうか私は当たり前すぎることを忘れ過ぎてたのかもしれません(汗)

それで…一人で考えてばかりいると中々浮上のきっかけを得られないので、、

maki2.co@i.softbank.jp(@は小文字にしてください)

話聞いてもらえませんか?悩みを解決に導いて欲しいとかじゃなくて、聞いてもらえたらもとスッキリ出来そうな気がするんです(o≧▽゚)o
お返事心待ちにしています!

この記事へのトラックバック